金属アレルギー・

メタルフリー外来

金属アレルギーでお困りの方へ

次のようなことでお困りではないでしょうか?

  • 皮膚炎(全身性)
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 舌炎
  • 粘膜のただれ、発赤、腫脹
  • 口内炎
  • 手足の水疱
  • めまい
  • 歯肉炎
  • 味覚異常
  • 掌蹠膿疱症
  • 紅斑

もしかするとこれらの症状

歯の詰め物・被せ物の金属が原因かもしれません。

ネックレスや指輪などの金属アクセサリー類でアレルギーがおこることは知られていますが、保険診療の虫歯治療で使用される金属の詰め物や被せ物でも同様のアレルギーがおこります。

保険診療の虫歯治療で使用される銀の詰め物・被せ物は、金銀パラジウム合金でできているため、長い間使用していると金属成分が溶け出し、血中に入っていき金属アレルギーがおこるのです。


金属アレルギーとは?

金属が汗や唾液にふれると金属の成分が溶け出し、金属イオンになります。その金属イオンが体内に侵入し粘膜と結合すると体内にはないたんぱく質を生成し、アレルギー源になります。金属アレルギーを発症するかは人によって許容範囲が異なるので、それによって決まります。

金属アレルギーは、金属接触アレルギーと全身型金属アレルギーの2つに大きく分けられます。金属の触れた部分だけ炎症を起こす金属アレルギーと金属が体内に侵入することで発症する金属アレルギーです。アクセサリーで発症するのが前者で歯の詰め物・被せ物の金属で発症するのが後者です。


金属アレルギーには「メタルフリー治療」

メタルフリー治療とは「金属を使わない」治療ということです。

今まで金属アレルギーを発症したことがある方にはうけていただきたい治療です。

現在、金属アレルギーの症状がない方でも、将来のアレルギー発症の予防や見た目を良くすることもできます。

金属を使わない保険治療もありますが、材料の耐久性が悪く、虫歯や歯周病の再発リスクも高くなります。

そのため、セラミック治療や金属のバネを使わない入れ歯など保険適用外の治療をおすすめします。


メタルフリー治療の流れ

1. 問診

金属アレルギーで思い当たる症状がありましたら、問診の際にお気軽にご相談ください。

2. カウンセリング

問診表もとにメタルフリー治療のご提案をさせていただきます。

3. 再修復治療

金属で治療を行っていた部分を再治療していきます。